2017-09-02

2017年8月☆北見多読カフェ


すっかり秋風のオホーツクです。
毎月の第4木曜日。北見で開催中の「英語多読カフェ」。
8月は6名のご参加でした。

今回、話題になったのは「ネイティブの子ども向けのワークブック」。
ご自分で「リーディング」として楽しまれた方や、小学校低学年のお子さんと「算数」ごっこをなさった方もいらっしゃり、その報告には、メンバーも興味津々。



あたりまえ、、なのですが、「ネイティブの子どもでも、こんな難しい英語!」の驚きもあります。

小1の息子さんは、「算数」や「英語」というより「ぬりえ」に夢中になったというAさん。そのくらいの「ゆるい」楽しみ方が、ちょうどいいかもしれません。



さて、今回の皆さんの読書報告です。

とにかくこのところHeartlandを読み進めているBさんは、"The Bridge to Terabithia"に挑戦。最初の数十ページを「じっと我慢」で、最後は「なるほどー、そうか〜」に落ち着いたそうです。

「面白くない本を『投げる』」のは英語多読3原則の一つですが、ある程度の「読書体力」がついてきたら、「ちょっと我慢」も「アリ」かなあ。(私自身、日本語でも英語でも「なんだかわからない」まま読み続けることで、最終的に「なんとなくわかる」経験が何度もあります。それぞれの方の読書の様子次第ですけどね。

Bridge to Terabithia
Bridge to TerabithiaKatherine Paterson Donna Diamond

HarperTeen  2008-07-01
売り上げランキング : 25618


Amazonで詳しく見る by G-Tools


Cさんのイチオシは、Anthony Browneの ”Bear Hunt". 「とにかく、背景の絵、どのページも最高!」とのことです。

Bear Hunt
Bear HuntAnthony Browne

Puffin  2010-10-26
売り上げランキング : 14146


Amazonで詳しく見る by G-Tools


Cさんは、Little House in the Big WoodsをCDと併用で挑戦なさっていましたが、「CD速度が自分のリーディング速度と合わない」経験をしたそうです。そうなってしまうと読みにくいですね。「楽しめる速度、内容のもの」と出会うのも大事。

先に紹介したネイティブ向けのワークブックをお楽しみになったDさん。「??」となってしまったのは、"Tough Boris"。迫力がある絵が魅力ですが、ピンとこなかったそう。本の相性というものもあります。色々な作品に触れる中で、その「相性」もわかってきますね。

Tough Boris
Tough BorisMem Fox Kathryn Brown

HMH Books for Young Readers  1998-09-01
売り上げランキング : 101114


Amazonで詳しく見る by G-Tools


「相性」が大事なのは、「感情移入」に結びつくから。ページをめくりながら主人公の少年に「そうだよねー!」と共感しながら読みました!の一冊はEさんからの紹介。父と子の「夏のひととき」が静かなタッチで描かれているAlan Say著の"The Lost Lake"です。

The Lost Lake (Sandpiper books)
The Lost Lake (Sandpiper books)Allen Say

HMH Books for Young Readers  1992-04-27
売り上げランキング : 47918


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Eさんからは、「これ、ものすごーく『深〜い』お話!」と「釧路湿原の復元」のエピソードも交えて報告してくれた本もあります。整頓好きのアライグマが主人公の"Tidy"(Emily Gravett著)。

Tidy
TidyEmily Gravett

Two Hoots  2017-03-23
売り上げランキング : 64685


Amazonで詳しく見る by G-Tools


「過ぎたるは及ばざるが如し」の格言そのもの!と、「プレゼン」をまとめてくださいました(笑)。

北見多読カフェでは、皆さんが英語読書を楽しまれる中で「プレゼン力」も上がっていることを感じる瞬間でした。

さて、今回は、とっても嬉しい報告もありました!

オホーツクで、新たな「多読クラブ」が生まれました!

場所は津別町です。

主宰のFさんは、この春からの北見多読カフェメンバー。
今年3月に美幌町で開催した酒井邦秀氏の「英語多読講演会」への参加がきっかけで、以前から考えていた「多読クラブ」を立ち上げに至ったとのことです。

Fさんは、今回、Rachel Carsonのこちらの伝記をお読みになり、彼女のバックグラウンドを学んだことで、「名著Silent Springの文章の美しさの秘密がわかった」とおっしゃっていました。



このように、言葉についてセンス抜群のFさんとなら、楽しい英語読書がスタートできるはずです。
また仲間がふえることがとても楽しみです!

9月の北見多読カフェは、28日の開催です♩





2017-08-12

2017年7月☆北見多読カフェ



お盆を迎えましたが、なんだか夏を置き去りにしたように涼しいオホーツクです。

先月の北見多読カフェは、夏休み中ということもあり、小学1年生1名、中学2年生1名に加えて大人は5名。合計7名の参加でした。

今回、話題になった主な本は写真の4冊。

米国、アパラチア山脈での実話を元に描かれているThat Book Woman(Heather Henson著)は、この春からカフェに参加してくださっているAさんから。「主人公の語彙や表情が物語の進行に従って、どんどん変化して深まっている」のを感じたとのコメント。

That Book Woman
That Book WomanHeather Henson David Small

Atheneum Books for Young Readers  2008-10-07
売り上げランキング : 366508


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最近、カフェで人気の Steve Antony の The Queen's Handbagは、女王を追っかけるポリスたちが、とにかく「真面目じゃない!」のがツボだったとはBさんの感想。絵の細部を楽しめる一冊。The Queen's Hatの続編です。

The Queen's Handbag (The Queen Collection)
The Queen's Handbag (The Queen Collection)Steve Antony

Hodder Children's Books  2016-05-05
売り上げランキング : 115764


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



小さいお子様と英語の本を一緒に楽しまれている Cさんは、The Pigeon loves things that go(Mo Williems著)を六月に借りて行かれたのですが、"go"という単語の解釈にちょっとお悩みになった様子。確かに"go"イコール「行く」とインプットされていると、悩ましいお話でしたね。そのあたりも、絵と文脈を通して、「ああ、こういうふうにも使えるのか!」と少しずつなれていけるのが英語多読のいいところかもしれません。

The Pigeon Loves Things That Go!
The Pigeon Loves Things That Go!Mo Willems

Disney Book Group  2005-05-25
売り上げランキング : 53286


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


写真にはありませんが、Cさんは"The Rainbow Fish”を、「図書館で翻訳されたものを読んでいたのでわかりやすかったです」とおっしゃっていました。日本語訳があるものを積極的に使って、概要をつかんでからの英語読書は、とってもいい方法だと思います。

The Rainbow Fish
The Rainbow FishMarcus Pfister J. Alison James

NorthSouth (NY)  2012-07-01
売り上げランキング : 551


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



楽しめる方法、無理のないやり方を第一に!

そして、今回、Dさんが紹介で、カフェ全体で盛り上がったのが、、、、Magic Tree Houseシリーズのこちら。

舞台は「日本」ということなんですが、もうすでに表紙から、違和感たっぷりなのが伝わって来ますよね(^^;)。

とにかく、挿絵の「ああ、やっちまった勘違いジャパン」度に、一同大笑いでした。作者は「日本大好き」とお書きだそうなのですが、「え?これ何?」の不思議な物体がそこかしこに描かれています。Dさんからは、「松尾芭蕉らしき人物が登場するんですけどー、、その箸の持ち方が、なってない!」と怒りの告発(?)もありました。

Dragon of the Red Dawn (Magic Tree House (R) Merlin Mission)
Dragon of the Red Dawn (Magic Tree House (R) Merlin Mission)Mary Pope Osborne Sal Murdocca

Random House Books for Young Readers  2008-08-12
売り上げランキング : 4892


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



西洋文化の中での「東洋」や「日本」の扱われ方にも、気づくきっかけにもなるのが英語読書。また、不思議な「ジャパン」に出会うことでしょう。

今回、福岡女学院の坂本彰男先生が紹介してくれたウイスパーフォンを使って、みんなで音源に合わせて絵本の音読も楽しんでみました。

「北見多読カフェ」、8月は24日に開催です。

2017-06-26

2017年6月☆北見多読カフェ


夏至も過ぎて、道民は気持ちが「あせる」6月下旬です。

本日の気温、10℃ちょっと(^^;)

室内、暖房入ってます(^^;;)

6月の北見多読カフェ当日も、雨の降る木曜日でした。

「BBタイム」は2名が参加。
いろいろな文法事項の言い換えとグラマーカードで、ちょっと「おベンキョウ」モードがはいったレッスンになりました。

その後の「多読タイム」には5名の方が加わり、今回は7名でした。

「昨日まで『たまねぎ畑』の草取りしてました~」
「さっきまで『ほうれん草』の種まきでした~」

農家の働き手の皆さんも農繁期の合間を縫って参加してくださっています。

Aさんは、「今回、絵本とは思えない深い内容を感じました。」と、Toot and Puddleシリーズの ”You are my sunshine."についてブックトーク。「落ち込んだとき、何をきっかけに元気になるのか?」がテーマでした。

Toot & Puddle: You Are My Sunshine
Toot & Puddle: You Are My SunshineHolly Hobbie

Little, Brown Books for Young Readers  2010-06-07
売り上げランキング : 146466


Amazonで詳しく見る by G-Tools
 
その他、こんなのもお読みになったそうです。



映像と音派のBさん、「Lunch Lady、面白かった~。」とのこと。Magic Tree House
シリーズをお読みではないんですが、「ノンフィクションとして楽しめました。」とリサーチガイドも堪能とのこと。




 Bさんからは、「文法の復習にこんな本もありますよ♪」と、ネイティブの子ども向けの文法書の紹介もありました。「ほんとにpainless(タイヘンじゃない)ので、やってみたくなる」そうですね。
Painless Grammar (Barron's Painless Series)
Painless Grammar (Barron's Painless Series)Rebecca, Ph.d. Elliott

Barrons Educational Series Inc  2016-04-15
売り上げランキング : 41349


Amazonで詳しく見る by G-Tools


Cさんは「私、影響受けやすいんです(笑)」の前置きでこちらの2冊。



「読んだあと、パンケーキとソーセージをど~うしても食べたくなり、コンビニに行きました!」と明るくご報告。

この本の読み聞かせも披露してくださいました。
Mooncake (Moonbear)
Mooncake (Moonbear)Frank Asch

Aladdin  2014-03-04
売り上げランキング : 345281


Amazonで詳しく見る by G-Tools


Dさん、「なんといってもHeartland!」そして「『自分で起こしたことの責任は自分でとろう』ってことですね」と"Strega Nona"を一言でサラリ(笑)


Eさんは、「Moさんはもう、はずれがない!」


そして「QRコードを使ってオンラインで音声が聞けてとてもよかったです!」の ”Digger Dog"
Digger Dog (Stories Aloud)
Digger Dog (Stories Aloud)William Bee Cecilia Johansson

Nosy Crow Ltd  2013-07-04
売り上げランキング : 261428


Amazonで詳しく見る by G-Tools



お子さんとも絵本をお楽しみのFさんは、こちらの2冊などを報告してくださいました。



先々月から参加してくださっているGさん、”That Book Woman"が特に良かったそうです。
That Book Woman
That Book WomanHeather Henson David Small

Atheneum Books for Young Readers  2008-10-07
売り上げランキング : 344385


Amazonで詳しく見る by G-Tools


一緒に持参のお弁当を食べたあと、私は退散。

ORTのレベル3などの絵本を置いて帰宅しましたが、皆さんその後もゆっくりわいわい絵本談義を繰り広げたとのこと。

次回は、7月27日(木)、夏休みということもあり、ちょっとスペシャルな感じにしたいなあ。

最後に、最近の私の「英語読書」は、、、こちら。



SHADOKU用にはBridge to Terabithia にしましたが、、、音源が「超高速(^^;)」がんばりまーす。







2017-06-13

聞きながら読む(SHADOKUのススメ)


英語の本を音源と一緒に音読するとどうなるか? 現在、実験中。

このやり方は、英語多読のレッスンでの先駆的存在、福岡女学院の坂本先生や、東京の英語教室ABC4YOUの鈴木祐子先生に教えてもらったやり方です。

シャドーイング+音読で、SHADOKU。

レッスンで、少しずつ取り入れてるんですが、楽しそう。

ということで、自分でも試してみました。

一冊目は、 A Wrinkle in Time. (Madeleine L'Engle 著)

https://goo.gl/swpEZV

この本は英語圏(主にアメリカ)の「子ども向けおススメ本」サイトに、必ずといっていいほど登場していて、私もずいぶん前に入手していたものの、なかなか読む機会がなかったのです。

一回、一章くらいを目安にすすめました。(喉が渇いたw)

自分の間と朗読者(Audible)のタイミングがズレちゃったり、よくわからない単語はゴニョゴニョだったりしましたが、やってみると破裂音を以前より意識できるようになった感じ。また、長い文章を一息で読みながらも意味は追えているので楽しめました。

「返り読み」をしてしまう癖がある人には、それをなくすためにもいい方法かも。
そして、自分が発する英語の抑揚もどんどん変わっていくと思います。

そして、読みながら思い出したこと、。。。

私、その昔、「SF好き女子」だったのでした!(^^)

でも、どうしてこの本、知らなかったんだろう???

「少年少女向けSF」だったからかな?

自分がSF読んでた小学校高学年から中学生にかけては、ハインラインやアーサー・C・クラークとか、大人向けのを読んでいたからだろうか???

本書は、1963年に出版という「古典」ですが、内容は古びていません。むしろ、Star Warsなどにもきっと影響与えている作品だと思います。

自分がSF好きだから楽しめたのかもしれないけど、時空を超えての冒険譚。2018年には映画化されるそうです。

さて、次はここらあたりの本が候補。

ど、れ、に、し、よ、う、か、な~(^^)。






2017-05-30

2017年5月☆北見多読カフェ

晴れたり、曇ったり、寒かったり、暑かったり、、例年のように安定して「不安定」な天候が続く初夏のオホーツクです。

5月の北見多読カフェは25日(木)に開催。曇り空でうすら寒い一日でした。

B.B.カードタイムは3名が参加。まずは「ちょっとニガテ」の声もあるクラブとスペード絵カードを使っての「波乱万丈」。あったまってきたところでハートの絵カードで「3枚ゲーム」。そして、「合体ひとりビンゴ」。それぞれが自分の手持ちのカードで合体文を作り、使ったカードを裏換えすというルールです。

今回、参加の3名の方は、月に一度とはいえ、数年B.B.カードと親しんでいる皆さん。妄想炸裂でいろんなフシギな文章が生まれました。

最後は、ダイヤで"Who am I?"ビンゴ。キャラクターになりきってもらい、”Why did you lose your letter?" ”Why do you keep me waiting?"  "Why do you like a quiet party?"などの無茶ブリも、当意即妙で皆さんからお答えが。大爆笑であっという間に時間がすぎました。

皆さん、発話量、ぐんぐんあがってますよ~。

その後の「多読タイム」へは、5名が加わり総勢8名でさらににぎやかに(^^)。

「段々と長いものが読めるようになってきて嬉しい」

「ノンフィクション好きなので、手にとってみたフランクリンの自伝が、知らないことがたくさんあって興味深かった」

「仕事で忙しい間は、近隣の図書舘で英語の本を捜して読んだ」

「2年前には読みにくいと感じたNate the GreatをCD付で読んだら、とっても楽しかった」

など、嬉しい報告もたくさんでした。

Magic Tree Houseの邦訳や、Jon Krassenの「帽子シリーズ」の関西弁翻訳の本のやりとりもメンバー同士であったりして、日英取り混ぜての「読書仲間」に育っています。

(Magic Tree Houseの日本語版の挿絵がアニメ調で、びっくり!)日英で比較してお読みになるAさんの感想が楽しみです。

次回は、6月22日(木)に開催です。




2017-04-28

2017年4月☆北見多読カフェ

トラクターの姿を例年より早く見かけるオホーツクの春です。

北見で月に一度開いている「多読カフェ」、2011年にスタートしてからまる6年!楽しくゆっくり英語を楽しむ集まりです。

メンバーには農家の方も数名いらっしゃるので、4月27日の集まりには、「農作業日和で欠席しまーす。残念!」の声も届き、参加者は5名。それから、3月に美幌町で開催された「酒井邦秀先生の多読講演会」で興味をもたれた方が見学参加となりました。

お決まりの「今回の感想」タイムでは、「文字なし絵本」からシリーズ物までそれぞれのお気に入り本が紹介されました。そのラインアップは、、


こんな感じ↑

この中から、Penguin (Polly Dunbar 著)の読み聞かせもあり、皆さん大笑い。

https://goo.gl/r3DCNG


Aさんは、2014年大空町での酒井先生講演会をきっかけに北見多読カフェに参加なさっています。その講演会で紹介されたRainbow Magicのシリーズをご自分の中で「いつか読めたらいいなー」の目標本にしていたそうです。

そして、、最近、北見工大所蔵の一冊を手にとってみたら、、、

「あれ?楽しいかも~」ということで、現在シリーズの8巻まで進んでいるとのこと。60巻ほどあるRainbow Magic。「コンプリめざしまーす!」だそうです(^^)

楽しいから続く。
続くから、どんどん読めるようになる。
すると、もっと楽しくなる。

の報告がたくさんあるのが北見多読カフェ。

今月を最後に、しばらくカフェ参加が「お休み」になるメンバーがいたので、皆さんでこんなものを食べて「感謝祭」となりました。



Bさん、北見多読カフェに参加してくださりありがとう。また、お会いしましょうね♪

見学参加だったCさんからもカフェの後にご連絡いただきました。

「多読で仲間が集える場所っていいですよね」

とのこと。地元での多読の会を作る方向で準備を始めるそうです。

オホーツクのどこかの町で、また素敵な「多読の会」ができるかも、、、(^^)v




2016-09-18

あやしく、たのしく。



こんなものや、


こんなもの、、、


あれあれ、石もたくさん。


その中から、これ、選びました。型に入れて、銅線など金属たっぷりと、レジンをとろーり。


こんな風にしたら、、後は、乾くのを待つだけ。なので、ランチです。


この日のメニューは、パングラタン(パンは白神天然酵母を使った自家製。) トマトとラディッシュ、セロリのサラダ。そしてデザートは、桃のゼリー(ベリー添え)とチョコチップスコーン。飲み物は、レモンバームティとコーヒーでした。



完成品は、こちら。本人、大満足の出来栄え。

大空町東藻琴で開催したオルゴナイトワークショップでした。講師は中標津町からお越しの柴田ともみさん。参加者全員大満足の集まり。「ものを作る」って楽しいですねー。しばらく、脳の使い方が極端だったのを、リハビリできた気分です。

また、やるよ(^ ^)
ご近所の皆様、参加ご希望の方、連絡くださいね。