2009-12-27

黒執事

小5女子がうっとりした目で「セバスチャ〜ン」とつぶやき、明らかなアニメ画をワークブックにいたずら書き。なによ、それ?ということで借りたのが彼女のイチオシ「黒執事」(枢 やな著 Gファンタジーコミックス)。

舞台はヴィクトリア朝時代のイギリス。主人公は名家の12歳の坊ちゃんとその執事。このふたりが実は「必殺仕事人」よろしく様々な悪と闘うというのがメインストーリー。しかもこの執事の正体は「悪魔」。坊ちゃんは、まだ明かされていない暗い事情で悪魔に魂を売ってしまったらしい。。。。

この執事が「セバスチャーン(はーと)」でして、たしかに、悪魔的(悪魔だから)な技を駆使して坊ちゃんのために闘うのです。もちろん眉目秀麗。

しっかし、このマンガ、一体、少女漫画?少年漫画?どっち?とオバサンは悩む。絵のタッチは少女漫画。しかし、ハードな戦闘シーンも満載。ストーリーラインは、ソフト路線のBLタッチでもある。でもって、ベタベタなお約束のギャグもはいる。。。。。うーん、30数年前とは明らかに違うね。調べてみたら連載されているのは「ファンタジー系漫画雑誌」だそうで。なるほどねー。

時代考証がしっかりしていて、オースティンの時代とちょっとかぶったりするから、なれない英国文学を読むための基礎知識(社交界のしくみなど)もお勉強できます。「ベルばら」が進化するとこうなるってことかな?

それにしても、ジャパンのアニメ、マンガ業界ってやっぱりすごい。「ジャパン文化ここにありき」ですね。などと思って本を置いたら、その表紙で微笑むセバスチャンを目にした家人。「これ、、マツジュンだなあ」と一言。

たしかになー。ジャニーズくんたち、どんどんアニメのキャラっぽくなってきて、さすがこちらも「ジャパン文化代表選手」。

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)
黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)
スクウェア・エニックス 2007-02-27
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star3日で忘れれる
star単純に楽しみたい人向き
starあくまで声優オタクですから。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夕ごはん

かじきの粕漬け
わかさぎの佃煮
大根のつけもの
長いもすりおろし
納豆
とうふとにらのみそしる

4 comments:

  1. My compliment for your blog and pictures included,I encourage you to photoblog

    CLICK PHOTOSPHERA

    Even week another photo album

    Greetings from Italy,

    Marlow

    ReplyDelete
  2. ご回復、何よりです。

    ・・・・・すんませーーん(何に対して?)
    実は、この本、途中から持ってます(汗;)

    友人宅に遊びに行ったときにはまりました。友人の子供たちが持ってました。
    ちなみに、同じ雑誌で連載されている「鋼の錬金術師」にも。。。。
    「鋼~」は、某?森達也さんもお気に入りだそうです。

    小学5年生レベル・・・・・

    ReplyDelete
  3. To Ivo Serentha and Friends

    Thank you for visiting my blog. I am also grateful for your kind comment on my photos. I am flattered. I have visited your site and very impressed the photos you posted there.

    Happy Holidays!

    Orihime

    ReplyDelete
  4. >かず様

    おかげさまでよくなりました。「黒執事」にしろ「ハガレン」にしろ、よく作られていますよね。「ゲーム文化」の一種ともいえますよね。クール・ジャパンは侮れません。

    おりひめ

    ReplyDelete